インテリア・家具 ソファ

木肘ソファは姿勢を悪くさせないソファ!姿勢を悪くしないポイントは?

ソファで姿勢を悪くしたくないと思う方に最適なソファが木肘付きのソファです。くつろぎたいけど姿勢がダメになりたくないソファをお探しなら木肘ソファですね。ソファの正しい座り方も解説!

姿勢がダメになりにくい木肘付のソファ

ソファに身を預けすぎてダラーンとした姿勢になっていませんか?

姿勢が悪くなりにくい木肘ソファ

ゲームにテレビ、雑誌、コミック。。。くつろぎすぎの姿勢になると体に悪い影響を与えます。たまには、そんな姿勢もいいけど、いつもその姿勢になるソファはちょっと考えモノです。時間を決めて使いたいですね。
おすすめのソファは姿勢よく座れる木肘付のソファです。天然木のしっかりとしたフレームと肘をかけられる場所があり、座面が深く沈み込まないので常に安定の姿勢を保てます。姿勢を常に気にしている方や悪い姿勢を矯正している方には最適のソファです。自由度の高いロータイプのカウチソファよりもはるかに姿勢が良くなります。

木肘のソファ

おすすめのソファはしっかりとした木肘がついているタイプ!肘を乗せて上半身の体重を支えるだけでなく体の側面をも支えます。さらに、座面は沈み込まない弾力性のあるクッションを使い、柔らかいカウチソファのように深く沈み込むことがありません。座面の高さも日本人の体格に合わせて作ってあります。足が宙に浮いて腰に負担がかからないようにしています。

悪い姿勢を続けていると腰痛や冷え性、しびれの原因にもなります。気を付けたいですね。

正しいソファの座り方のポイント5つ!

ソファで正しい姿勢で読書

正しいソファの座り方と良い姿勢に見える座り方

1.ソファの硬さ
2.床から座面の距離
3.背もたれ
4.座る位置
5.座る時間

この5つが大事なポイントです!

ソファの硬さ

◎ソファの硬さは柔らかすぎないことです。深く沈み込む仕様のソファは一見、楽そうで座りやすいイメージがありますが、前傾姿勢になりやすく腰への負担は大きくなります。

床から座面の距離

◎床から座面の距離はルレオのソファは40cmになっています。人によって個人差はありますが座った時に足が床から離れてしまうソファは長時間座れません。必ず他の部位で重心を支え、体重の負荷が脚以外の部位に集中します。また、ひざの位置が座面よりも高くなる場合も腰や背中への負担が大きくなります。

背もたれ

◎背もたれに持たれない。ソファなのに、こんなこと言うのも申し訳ないんですが、これも自然な姿勢を妨げる要因になります。背もたれは、もたれる時間ともたれない時間をつくりましょう。

座る位置

◎座る位置はなるべく座面奥へ深く座るようにします。このときひざの角度が90度になるのが理想です。この角度から遠ざかるほどひざや腰に負担がかかります。この角度を調整するように浅くかけるのも大事です。ひじ掛けがある場合はひじ掛けを使う方が体重を分散できます。

座る時間

◎座る時間は長時間座らないことが重要です。くつろぐためのせっかくのソファがつかれる要因になってしまう場合があります。気を付けたいですね。

あとは、ソファから立ち上がるときに注意してください。ぎっくり腰が起きるのはこの時です。固まった腰の筋肉を自覚して、急に立ち上がらないようにしましょう。

-インテリア・家具, ソファ

Copyright© ショップ元店長 blog!家具・インテリアお役立ち情報! , 2019 All Rights Reserved.