WEB インテリア・家具 マット 生活雑貨

◎子供の足音対策には厚めのジョイントマットで効果を上げる

子供が走るたびに騒音になっていないか心配

アパート、マンション、ハイツの騒音苦情

子供の足音や泣き声は騒音苦情の上位に入っていますがそのほかに、どんなものが騒音と感じられる要因になっているのか

  • 洗濯機の音
  • 掃除機の音
  • ドアの開閉
  • ペットの騒音(足音、爪とぎ、鳴き声)

上記の騒音は床を通じてのモノです。クーラーの室外機など窓からのモノは除いています。

◎洗濯機や掃除機は誰もが使う家電です。ある程度その音の大きさや生活の中での必要性を感じられるので騒音苦情にはなりにくいのですが、この種の騒音は時間帯が問題になっているようです。夜間・深夜・早朝の稼働です。ライフスタイルが多様になり夜型も増えてきた現代では、夜に掃除や洗濯をすることは安易に想像できます。

でも、階下や隣家の住人が寝ている場合は、自分の快適な生活を邪魔されたと感じてしまうので騒音苦情になってしまうようです。常識的な範囲の時間で行うのが無難です。「自分の都合」や「仕方ない」を優先すると相手は不快に感じます。

◎ドアの開閉も本人が思っている以上に響いています。開閉は静かにいた方がいいですね。勢いよく締まらないようにするアイテムも売られているので気になる方は取り付けた方がいいかも。

◎ペット騒音は近年急増しています。これはペットを飼う家庭が増加していることと関係しています。対策としてはしつけの他に無駄吠え防止アイテムやジョイントマット・コルクマットなどが有効です。

ペット室内犬

≫楽天 コルクマット 特集!

子供の声はなぜあんなに響くのか

子供の足音、子供の泣き声、子供の声。騒音苦情になりやすいのですが、特に声は家の中だけでなく外からの声でも騒音と感じている方が多くいらっしゃいます。公園、通学路、学校、幼稚園、保育所の近隣でよく発生しているようです。

子供より大人の数の方が多いのになぜ子供の声ばかりが耳障りになるのか?

子供の声はもともと遠く届くようになっているらしい。

動物として親に危険を知らせるために、子供の声は他の生活音よりもよく届く声になっているそうです。迷子、事故、事件、生命の危機に遭遇した時に親に声がいち早く届くように。聞き分けられるようになっているようです。さらに大人と違って声の大きさも理性が働きにくいので環境に関係なく小声にはなりにくいことが要因になっています。なので子供の声は遠くまでよく響くというわけです。親でもない人からすると耳障りな音になるのかもしれません。

子供は声だけでなく床を通したバタバタとした足音や遊ぶ音も聞く人によっては不快に感じます。問題になる前に防音マットなのでしっかり対策を行いましょう。

子供の騒音

アパート騒音の対策

  1. 相手の立場になって考える(自分が相手の立場だったら)
  2. 22時から翌6時は常識的に大きい音は出さないようにする
  3. 騒音対策は優先順位を上げて行う
  4. 騒音対策グッズを活用する
  5. コミュニケーションをとり理解を深める

子供がいるから、言い聞かせてるけど子供が勝手に、仕事だからこの時間しか空いていない。。。自分の「仕方ない」は相手に事前に言わない限り理解してもらえません。問題になってから言っても「後の祭り」「火に油を注ぐ」になってしまいます。

日ごろから近所付き合いをすることが一番大事かもしれません。全く挨拶をしない人同士で騒音問題が多いのもそのためだと考えられます。

床の防音マットは子供や赤ちゃん用ばかり

赤ちゃんマットと呼ばれる流行りのジョイントマットは単色のモノが主流です。パズルマットも多くあります。どれも防音効果をうたっていますが、イマイチ大人向けではありません。お部屋のインテリアにも凝りたいのだけど、マットを敷くと子供部屋の延長のような床になってしまう。

ジョイントマットに対する大人の不満

  1. カラーが単色でインテリアに合わせづらい。
  2. 子供部屋以外には敷きたくない
  3. お洒落でない。
  4. もっと防音効果が欲しい
  5. 床暖房やホットカーペットでも使えるようにしてほしい

赤ちゃんマットは子供の安全や防音対策でつくられたので大人にとっては不人気かもしれません。そのことはメーカーにも要望が多いらしく、それを解消したマットが研究開発されています。

ジョイントマットで実績のある「やさしいジョイントマット」の最先端のマットには、大人の意見がくみ取られた「極厚のナチュラルマット」が誕生しています。

極厚防音ジョイントマット木目白

≫楽天 極厚ジョイントマット 木目 ホワイト 特集!

極厚 ナチュラル ジョイントマットの特長

  1. 木目デザインがおしゃれ
  2. 厚みが従来のマットの約2倍になって防音効果とクッション性がアップしている
  3. 床暖房・ホットカーペットとの併用が可能になっている。

◎デザインが木目の白でホワイトウッドのフローリングのようになる。部屋も明るい感じになるようです。デザイン性は従来の単色マットと比べると飛躍的にアップしています。大人も満足のマットになっています。さらに床暖房にも対応しているので今まで敷けなかった寒い地域の方々にも使えます。

◎厚みを増すことでマットとしての機能性もパワーアップしています。20mmの厚さで防音性とクッション性が上がっているので子供の足音にはかなり有効だと思います。今までのマットよりも期待できそうです。騒音対策にマットを導入する場合は、この最新のマットがおすすめです。安いマットを買うと本来の目的を達成できずに、マットを敷いただけになってしまいます。防音対策をするのであれば、その効果が発揮できるマットを選びましょう。

-WEB, インテリア・家具, マット, 生活雑貨
-, ,

Copyright© WEBショップ元店長 blog!話題の商品・お役立ち情報! , 2019 All Rights Reserved.