WEB インテリア・家具 ウォールステッカー マット 生活雑貨

【子供の声と足音 騒音対策】壁と床を2つのアイテムで防音!相乗効果で子供部屋をまるごと防音!

更新日:

子供の声・足音対策!吸音パネルと極厚ジョイントマットで防音DIY!ココですべてがわかる!

子供部屋をまるごとプチリフォーム!自分でできる!防音対策テクニック!

一般家庭の部屋の壁と床を防音して子供の騒音迷惑を最小限にする方法

◎お部屋の防音対策!吸音パネル・極厚ジョイントマットがよくわかる!自分で解決する防音テクニック!お子様のいる家庭で子供の高い声、ドタバタと大きな足音など、騒音を出していないか悩んでいませんか?隣家や階下に子供の声や足音で迷惑かけたくない場合は自分で防音対策!プチリフォームしましょう!壁の防音あきらめていませんか?そんな悩みは吸音パネルで解決しましょう!床の防音は極厚のジョイントマットで今までのジョイントマット以上に強力に防音・防振できます!

こんな悩みや不安、心配ありませんか?

  • 部屋の壁が薄い!
  • 子供がうるさいと注意されたことがある
  • 子供の足音が階下に迷惑になっていないか心配
  • 子供の声ってよくとおるから気になる
  • ペットの鳴き声が漏れていないか心配
  • テレビやオーディオの音がお隣に届いていないか心配。。。

心配で不安

部屋の騒音が心配。お隣や階下の住人に迷惑をかけていないか気になる。そんな悩みは、誰でもあると思います。はしゃぎ過ぎは良くないけど普通に生活している生活音は壁の向こうに聞こえないようにしたい。

店長からアドバイス

そんな時は壁や床を厚くする、または素材を入れ替えれば解決します!

ちょっと悩む

でも、業者さんに頼んでリフォームするのが一番いいんだと思うけど、お金いくらかかるか心配だし。すべての部屋を防音しようと思ったらもっと高額になるし。。。

誰にでも簡単にできる子供部屋の防音対策

業者さんに頼まなくても大丈夫です。日曜日にDIYしましょう!

◎防音のために用意するものは吸音パネル極厚のジョイントマットです!

吸音マットで騒音対策

壁に吸音パネル

極厚防音ジョイントマット

床に極厚ジョイントマット

お金をあまりかけずに、自分でできることをやってみる!業者さんに頼む前に、まずはそこからやってみてはいかがでしょうか☆

やるぞー

専門の工具を使うような難しいテクニックは必要なし!最適なパネルやマットを選んで貼るだけなら簡単にできます!

▲お部屋を丸ごと防音ショップ!吸音パネルと極厚ジョイントマットが同時に買えます。今よりも安心して暮らせるように2つのアイテムを導入して相乗効果を得ましょう!

吸音パネルは音を壁の外に出さないように防ぐ防音です

疑問

吸音パネルの吸音ってなに?

防音という言葉の中には、遮音・吸音・防振の3つ意味があります

  1. 遮音:音を遮断する、跳ね返すことを言います。それより先に音を伝えない。
  2. 吸音:遮音とは逆に音を跳ね返さない、響きを抑えることを言います。そこで音を吸収する。
  3. 防振:物などがぶつかった際の振動を伝えないようにすることを言います。足音などを防ぐことです。

防音!吸音パネルの仕組みとイメージ図

よくわかる吸音の図解!

図解 吸音パネルの仕組みとイメージ図

吸音パネルは「吸音」に大きな特徴を持っています。音が当たっても反響して音が広がらないようにしています。

子供部屋の壁には吸音パネルでの防音がおすすめです

壁の防音対策あきらめていませんか?

吸音マットで騒音対策

▲誰でも簡単に貼れる吸音パネル フェルトボード。クロスの壁に虫ピンで留められる。

防音・吸音パネルは、子育て家族・家庭に最適

  • 子供の声が高くて気になる。
  • 何度叱っても直らない、叱っている自分の声も気になる。
  • 一緒に暮らしているペットの鳴き声が心配。特に留守中。
  • 子供のピアノやギターの音が気になる

楽器がある家庭にもおすすめできます。ピアノやギターの生、電子に関わらず、吸音パネルで音の反響音を減少させ、音漏れを防ぐ効果があります。

防音・吸音パネル(フェルトボード)の特長

店長からアドバイス

  • 高い吸音性能・・・室内の音エネルギーを吸収し、音の反響を減少させることができるため、騒音対策としてご利用いただけます。
  • 簡単取り付け・カット可能・・・カットも簡単で虫ピンで楽に取り付けることができます。現状復帰が条件の賃貸でもご利用いただけます。
  • 省エネ効果・・・夏は涼しく冬は暖かく!お部屋に貼るだけで冷暖効率がアップします。夏も冬も冷暖房代を大幅に節約することができます。
  • 防炎素材・・・防炎試験合格商品になっています。
  • リサイクル素材・・・環境にやさしい素材です。
  • デザインとサイズあり・・・部屋の雰囲気に合わせてデザインやカラーを選べる。部屋の大きさによってサイズを選べる。
  • 低ホルムアルデヒド・・・においやアレルギーに配慮した低ホルムパネルなので安全安心に使えます。

※吸音パネルはすべての音を防ぐことはできません。減少させる効果があります。また、足音やノックなどの防振には十分な効果が発揮できません。床の防音と防振には極厚ジョイントマットが最適です。

吸音パネルは子供部屋の床用防音マットにも使える

吸音パネルをフローリングに敷いたところ

▲パズル型の吸音パネルもあります。

吸音パネルは床に敷いて使うこともできます。マットの裏面は『すべり止め加工』が施されていて、フローリングの上でも滑りません。簡単に設置でき、吸音はもちろん!安心・安全で足への負担も軽減。おもちゃの音って床にすごく響きますが、マットを敷くだけでかなり軽減できます。さらに、おもちゃが直接床に当たることを防ぐので床の保護にもなります。壁用で余った時におもちゃ箱の下に敷くだけでも効果があります。

※一部の商品には滑り止め加工がないものもあります。※防振効果はあまりありません。

※床に敷く場合はクッション性の高いジョイントマットの方が効果的です。クッション性があることで足音を防ぐ防振効果があります。

2分の動画で見る吸音マットの防音効果

▼これが吸音パネル フェルメノン。

◎音を数値化してみることができます。実際の音の違いを自分の耳で確かめることができます。

吸音パネルで防音!効果的な貼り方

ココがポイントです

  • 部屋全体の壁に貼る
  • 隣家に接している壁面に貼る
  • テレビの音が隣に聞こえていないか気になる場合はテレビの裏の壁に貼る
  • 騒音を出す子供部屋に貼る

◎騒音の度合いと予算に合わせて、優先順位を決めて貼りましょう!

◎子供の声やペットの鳴き声が気になる場合は顔の高さに貼ることが重要(2枚重ねて貼ることも可能)

◎吸音パネルの売れ筋は80cm×60cmサイズです。これはサイズが大きく、施工効率が良いためです。

◎45度カットの吸音パネルは繋ぎめの見た目が良く、インテリア的にも最適です。

◎人気のカラーは「ホワイト」「グレー」「ベージュ」。

◎違うサイズを組み合わせて貼る、またはカットすることでタイルデザインが表現できます。

サイズを変えて吸音パネルを貼るとタイルデザインになる

▲パネルの大きさを変えて貼ることで違うパターンがうまれます。溝が見えるのは端を45度にカットしているためです。

使いやすく売れているのはこのセットです

  • 『80cm×60cm 45度カット』の12枚セット
  • 『40cm×40cm 45度カット』の30枚セット
  • 『40cm×40cmスタンダード』の32枚セット

★店長おすすめは、80cm×60cmスタンダードの45度カットシリーズです。壁に貼ったときの仕上がりもシンプルなデザインでいろんなインテリアのお部屋に合わせることができます。大きさがあるので小さいパネルより貼る枚数が少なくて済み、時短にもなります。

一般的な部屋の天井高が2400mmなので、80cm×60cmであれば12枚で2400mm×2400mmの壁を施工できます。貼りやすく使いやすいと思います。

子供部屋 床の防音・防振には極厚ジョイントマットがおすすめ!

極厚ジョイントマットの特長・商品説明

大判60cm 厚手20mm 床暖房対応 防音ジョイントマット

素材

◎お子様がいらっしゃるご家庭ではジョイントマットは既にご存知の方が多いと思うので簡潔に極厚ジョイントマットの特長をお伝えします!

●極厚ジョイントマットは厚さ2cmでさらに吸音・断熱効果がアップ!
従来品の約2倍となる厚さがさらなる吸音・断熱効果、クッション性を実現しています。赤ちゃん、こどもの足音や衝撃対策に最適です!ぜひ、ご活用ください!

●やわらかさにもこだわっています!高断熱、高密度のクッションが音や衝撃をやわらかく受け止め、さらに足元の冷えを遮断します。防振・防音対策、さらにからだへの負担をやわらげることができリハビリが必要な方にも使えます。寒くなっても硬くなりにくいので寒い冬でも快適にお使いいただけます。

●サイズは60cmの大判のみです。厚さは通常の約2倍の20mm(2cm)あります。今まで通りジョイント式でハサミで簡単にカットできるのでレイアウトも自由自在!様々な広さや形の変わった間取りのお部屋に対応できます!

●カラーはベージュ、ブラウン、ホワイト、ブラック、オレンジ、ミントの6種類あります。大人の方にも大満足頂いている、インテリアになじむ素材柄(ナチュラルウッド、ナチュラルウッド、ナチュラルウッド、畳柄)も用意しています!フローリングのような仕上がりになり大変好評です!

●ホルムアルデヒド検出試験で乳幼児(生後24ヶ月以内)基準クリア
日本国内の安全試験所で検査を行い、基準値の0.05ppmを大きく下回る0.01ppm未満という結果を得ました。ノンホルムアルデヒド製品として、赤ちゃんのいるご家庭でも安心してご使用できます。

●床暖房・ホットカーペット使用にも対応
日本国内の一般的な床暖房やホットカーペットの表面温度が20℃〜45℃(最高)とされる中、本製品は日本国内の安全試験所での耐熱試験(JIS S 2029-2002準用)で70℃まで変形などの異常が見られないことが証明されています。

●生活に嬉しい防音・防水仕様になっています。防水だから普段のお掃除やお手入れはさっと水拭きするだけでOK。ペットを飼っていて万が一ひどい汚れや傷が付いてしまっても、ジョイントマットの一部(枚)を交換すればすぐに清潔に元通りになります!ジョイントマットの大きいメリットです。

●サイドパーツ(別売)で端もすっきりできます!別売のサイドパーツを使うことで、ジョイント部分のギザギザがカバーされスッキリ敷くことができます。見映えもよくなるので本体と合わせてサイドパーツを購入されることをおすすめします。(同サイズ、同色のものをご利用ください)。ギザギザが気になって後から買い足す方も多いので、最初に同時購入がおすすめです。

ここがポイントです

★すでに既存の薄いジョイントマットを敷いている場合は、そのまま敷いていても大丈夫ですが、古くなったので替える、模様替え、引越しなどのタイミングで入れ替えるといいと思います。多くの部屋に敷いている場合は、子供部屋のみ、または騒音を出していないか心配になっている部屋のジョイントマットを極厚に替えてみましょう!

替えてみると違いがよく分かると思います。試しに敷いてみて十分効果を感じれたら順次、他の部屋も導入すればいいかなと思います。

極厚のジョイントマットは、お子様をお持ちで階下に部屋があるマンションにお住まいの方におすすめします。壁に貼る吸音パネルだけでは子供の足音などの防振対策はできません。クッション性の高い極厚ジョイントマットの導入を強くお勧めします。今の極厚マットはデザインも豊富になっていて、フローリングのように仕上がるタイプもあります。ぜひ、検討してみてください。

子供部屋を丸ごと防音対策ができるショップ

◎ココまで紹介してきた、お部屋の防音に役立つ「吸音パネル」と「極厚ジョイントマット」を一緒に購入できるショップがあります。もちろん、それぞれを単品でもご注文できます。ぜひご活用ください。

◎壁からの音漏れを防止する「吸音パネル」と床の振動音、衝撃音を抑える「極厚ジョイントマット」。この2つのアイテムを導入して防音相乗効果を発揮させましょう!

以下に店長おすすめの商品を掲載していますので購入の参考にしてください☆

店長のおすすめの吸音パネルは

吸音マットで騒音対策

  • 『80cm×60cm 45度カット』の12枚セット
  • 『40cm×40cm 45度カット』の30枚セット
  • 『40cm×40cmスタンダード』の32枚セット

店長のおすすめの極厚ジョイントマットは

極厚ジョイントマット ホワイトウッド36枚8畳

●フローリングのようなナチュラル系(ナチュラルウッド、ダークウッド、ホワイトウッド)の極厚ジョイントマットです。セットは6畳または8畳があります。お部屋の大きさに合わせてお選びください。

★以上、お部屋丸ごと防音対策の解説でした!お子様がいらっしゃるご家庭で防音対策でお悩みの方の参考になれば幸いです。

ありがとうございます

-WEB, インテリア・家具, ウォールステッカー, マット, 生活雑貨
-, , ,

Copyright© WEBショップ店長 blog!話題の商品・お役立ち情報! , 2019 All Rights Reserved.