インテリア・家具 ベッド

3人家族に最適なベッドサイズは?失敗したくない!納得の連結ベッド選び

更新日:

親子3人ベッド、家族3人ベッド、親子で寝れる最適のベッドを分かりやすく店長が解説!

家族3人で寝れるベッドサイズをお探しならココでナビ!

おすすめの親子3人ベッドを解説します!

連結ベッド・ジョイントベッドは家族で使う将来を見据えたビッグなベッドです。親子3人で使うのであれば、最大幅220cm~240cmのベッドで大丈夫!

k220~k240サイズくらいの連結ベッドがおすすめです!

コレが人気の連結ベッド「ジョイントワイド」です。ダブル+ダブルサイズで最大280cmにもなります!

このページでは、3人家族に最適なベッドサイズを提案しています!

新築・引越し・出産を機に新しいベッドを探している方に・・・

このページはこんな方におすすめ

  • 子供が小さく今すぐにでも一緒に添い寝したい若いご夫婦
  • 将来にわたって長く使える家族用ベッドを探している
  • 家族3人に最適なベッドサイズが分からない
  • 家族3人用 連結ベッドの最適な組み合わせを知りたい

家族3人で一緒に寝れる最適のベッドとして連結ベッドを提案します!

すのこ構造 ショップランキング上位の連結ベッド!

おすすめ
家族連結ベッド 人気のファミリーベッド

最大282cmの連結可能のファミリーベッド!

最速格安3人ベッド買い!

「連結ベッド219」はシングルサイズのベッドとセミダブルのベッドがくっついてできた広く大きいベッドです。普通に考えて1人+2人=3人で寝れるベッドだと分かります。

将来は連結を解いて、子供部屋にシングルベッドを!両親の寝室にセミダブルベッドを置くことができます。

買ってすぐ家族みんなで寝れる♪ 将来は分割してそれぞれの部屋で使える!赤ちゃんから大人になるまで使えるコスパのいいベッドです!

見逃せないお買い得ベッド!送料無料!

ショップでワイドキングBedを見る!

もうすぐみんなで寝れるベッドが手に入る!

ココがいいんです!

連結ベッドはベッド2台をつなげた大きいベッドです。2台のベッドを連結できるようになっています。このベッドの利点は、キングサイズのベッドよりも広く大きくできること、将来2台に分割して使えること、通常ベッドを並べたのと違って連結部分の溝が大きくならないこと、搬入や移動が楽なことなどです。

つまり、子供が小さい今だけ大きいベッドが欲しい、親子3人で寝れるベッドが必要!でも、子供が大きくなってきたら別々のベッドにしたい・・・

という方にとても重宝するベッドなんです。今は大きいベッドでも、子供が大きくなって一人部屋で寝るときはベッドを分割して使うことができます。無理にもう1台ベッドを買う必要がありません。

将来的に考えても連結ベッドは経済的なベッドといえます。このベッドを購入する世代は20代から30代のパパとママが大半を占めます。経済的にもまだまだ一生懸命働いている世代です。ジョイントベッドはこの頑張っている家族に支持されているベッドなんです。今あなたが20代30代の若い方(ご夫婦)であればこのタイプのベッドが絶対におすすめです。

まだ子供のいないご夫婦にも将来のことを考えて買う方もいらっしゃいます。ママのお腹が大きくなってから買いそろえる方もいらっしゃいます。連結ベッドは、今と将来のライフスタイルに合わせてベッドを変化させることができる便利なベッドといえます。

▼結論を言うと

親子3人のベッドの大きさでおすすめのサイズは、

シングル+セミダブルを連結したk220(219)、

セミシングル+ダブルを連結したk230

シングル+ダブルを連結したk240(S+D)です。

あとは、自分たちの体のサイズ将来分割した時の用途や想いをイメージしてから買うと失敗しにくくなります♪

ワイドキング219(S+SD)

おすすめ
ワイドキング219サイズです。

ワイドキング219

シングルとセミダブルの組み合わせの219サイズです。将来、子供がシングルで寝て、ご夫婦がセミダブルで寝る場合に最適のサイズです。

この連結ベッドは安定したフレームと価格が安いのが魅力です。

▼今すぐショップでチェックしてみてください!

⇒ 人気の連結ベッド!219サイズ!

ジョイントワイド240(S+D)

人気抜群!
家族3人ベッド240ジョイントベッド

ジョイントワイド

家族3人には、240(S+D)がおすすめです。

家族に最適なマットレスは、ポケットコイルマットレスです。点でカラダを支えるため周りの人の動きが気になりにくいというメリットがあります。

カラーはダークブラウンとホワイトの2色から選べます。

今すぐショップでチェック!

⇒【送料無料】ジョイントワイド K240(S+D)

200cm(シングル+シングル)のベッドで3人寝るのは損!

200cmということは1人当たり63cmくらい。 

ジョイントマット2枚分の広さ

一般的なジョイントマット2枚分の広さが63cmくらい

▲この幅に一人が寝ることに。大の字も寝返りも難しそうです。

縦に川の字で寝るだけならシングル2台の200cmでも寝れますが、それは寝れるだけであってゆっくりと睡眠がとれる広さではありません。いびきがうるさくても距離をとることができません。寝返りを自由に打つこともできません。3人が不自由な思いをしてベッドの上に一緒に居るという感じです。

キャンプのテントならそれもいいかもしれませんが、この先ずっとその大きさのベッドで寝なければならないと思うとストレスになると思います。それに子供の成長は早く、さらに不自由になります。ベッドを分けてもシングル2台なので、もう一台買う必要がすぐに出てきます。

結局、シングル2台の200cmで3人寝るというのは、長い目で見ても経済的ではありません。

LOGOSの3人テントの仕様

有名テントメーカー LOGOS の3人テントの仕様

▲3人用テントでも幅が210cmある。。。

注意ポイント

200cmに3人が寝るのはちょっと難しいし、将来、必ずもう一台ベッドを買わなければならないので3人用の連結ベッドとしては損です。

ココからはあなたに最適なベッドサイズについて解説していきます!

ダブルサイズのベッドでは親子3人は寝られない

ちょっと悩む

まずは、ベッドサイズについて大きさのイメージをしてもらう題材です。

★一般的なダブルサイズのベッドは幅が約145cmくらいです。これは高学年の小学生が両手を広げたくらいのサイズです。これで親子3人が寝るのは、ちょっと無理ですね。

狭いダブルベッド

さらに大きいベッドといえばクィーンサイズやキングサイズがありますが、一般的なキングサイズのベッドは約195cmくらいです。これでもまだ3人で寝るには足りません。一泊するくらいなら我慢できますが、この先、ずっと使うとなると少し窮屈です。

それとキングベッドは搬入も大変です。エレベーターに乗らないとか、玄関は入ったけど部屋に入れない・・・など。大きいだけのベッドは少し考えものです。その点、連結ベッドなら分割して搬入できるので一般のご家庭ならすんなり入ることができるので便利です。

家族3人で使うベッド 最適のサイズに導く3ステップ!

ココからはおすすめの連結ベッドの各サイズを詳しく見ていきます!

まず、ベッドサイズの基本を知る

基本となるベッドサイズを確認ください。

参考;各ベッドの組み合わせに使われるベッドサイズはコチラを参考にしてください。

サイズ種類 幅(約)
セミシングル 90cm
シングル 100cm
セミダブル 120cm
ダブル 140cm

上記は、連結ベッド「ジョイントワイド」で実際に使われているサイズです。 これらを組み合わせて出来るのが連結ベッドです!

家族3人ベッドサイズ 考え方3ステップ!

step
1
3人で寝るということは・・・

夫婦2人と子供1人の親子3人で寝る場合を分けて考えてみます。

夫婦2人で寝るベッドは、最大でダブルサイズがあれば十分寝れます。そして子供一人が寝るベッドは最大でシングルサイズがあれば大人になるまで使えます。

step
2
3人で寝る最大サイズは?

つまり親子3人で使う連結ベッドで最大は、ダブルベッド(140cm)+ シングルベッド(100cm)=240cm(S+D)であることが分かります。

step
3
では、3人で寝る最小サイズは?

夫婦がダブルより一回り小さいセミダブルを使います。子供もシングルより一回り小さいセミシングルを使います。これが3人ベッド最小の組み合わせサイズになります!

ココがポイント

親子3人で寝るベッドは、最大でS+Dの240cm。最小でSS+SDの210cmあれば少し窮屈ですが3人が寝れるということです。あとは家族個人の体格やゆったり寝たいなどの想いでサイズを決めると失敗しにくい!参考までに、ショップでよく売れているのは240cm(S+D)と230cm(SS+D)です。

家族3人におすすめの220・230・240cmの3サイズを比較してみる

連結ベッド220(S+SD)

●220cm(シングル+セミダブルの組み合わせ)は、親子3人で寝られるようになる最小に近いサイズです。将来、分割した時に子供がシングル夫婦がセミダブルで寝るようになります。子供用にシングルベッドを分離した後、少し狭いセミダブルベッドに夫婦が寝るようになります。細身のご夫婦におすすめ!または、部屋のスペースに余裕がない場合(タンスの扉が開かなくなるなど)におすすめです。

男性

3人で寝ています!

40代男性

普通のベッドは搬入ができなかったので組み立て式ベッドを探していた。組み立ても難しくなく、今は子供と妻と3人で寝ています。値段も手頃で良いです。

このサイズの連結ベッドでおすすめなのはコレ! ⇒ 連結ベッドワイドキング219

連結ベッド230(SS+D)

●230cmの場合、セミシングル(シングルより狭い)とダブルの組み合わせになります。親子3人で寝るのにふさわしい大きさになります。しかし、将来、子供が大きくなって分割した時に、子供はセミシングルを使うようになります。女の子ならお勧めですが、男の子や体格がいい子供の場合は月日が経つにつれて少し窮屈に感じるかもしれません。将来、ベッドをシングルに買い直すことがないように、最初からシングルが付いた240を選ぶのが無難かもしれません。

このサイズの連結ベッドでおすすめなのはコレ! ⇒ 連結ベッドワイドキング(SS+D組合せ)

連結ベッド240(S+D)

コレがおすすめ

シングル+ダブルの組み合わせ240cm は、3人でゆったり寝れる一番おすすめのサイズになります。
家族3人ベッドに最適のサイズ 組み合わせ

家族3人ベッドとして多くの方に選ばれている240

使い勝手の良い「シングル+ダブル」の組み合わせが人気の240S+D!子供用にシングルを与えられるので、分け合ってからも長期使えてコスパに優れたベッドです。

240S+Dは、家族3人が広いベッドで寝れる理想のベッドサイズです。将来、子供にシングル、両親がダブルを使いたい!という方にドンピシャのベッドになります。

240cm連結ベッドNEW

▼是非、ショップでご覧ください!

⇒【Joint Wide 240(S+D)】を購入!ショップへ

▼ライトなしで良ければコチラの連結ベッドがおすすめです!

⇒連結ベッド(S+D組合せ)

家族3人に最適なベッド サイズ まとめ

家族3人ベッド レイアウト!家族ベッドは6畳以上の寝室に置こう!

連結ベッドを置く場合は、6畳以上の部屋を確保しよう!

6畳の部屋に家族3人で使う連結ベッドを置いたイメージイラスト

6畳の部屋に240の連結ベッドを置く

▲6畳の部屋に家族3人で使う連結ベッドを置いたイメージイラスト。6畳だとテレビや他の家具も置けて充実したお部屋になります。

4畳半だとこんな感じになります。

 

4畳半の部屋に家族3人ベッドを置いてみたイメージイラスト

身動きが取れない。。。

▲4畳半だと悲惨な感じになるので注意しましょう!テレビも置けない部屋になります。

将来を考えて選ぶ!家族3人ベッド!イメージ図

240(S+D)と230(SS+D)の将来の分け方イメージ

親子3人のベッドの分け方とサイズ

家族3人ベッド240ジョイントベッド

家族3人に最適のベッド240ジョイントベッド

家族3人におすすめはK230とK240です!特におすすめは240(S+D)です!

家族3人ベッドをショップで購入!

ココに注意

※240は、同じ大きさでもベッドの組み合わせパターンの違うSD+SDがあります!コチラは4人家族に最適なサイズです。選ぶときに注意してください!

※240(S+D)の組み合わせの連結ベッドは「ジョイントワイド」です。他の連結ベッドでは、なかなかこの組み合わせがありません。

セミダブル+セミダブルの240cm連結ベッドは家族4人用!

セミダブル2つで構成されたこのベッドは、将来、ベッドを分割した時に、子供も両親もセミダブルを使うことになります。子供が一人増える可能性がある場合には、兄弟と両親で使えるようになります。もうひとつの使い方としては、子供が大きくなった時にシングルサイズを買い足し、両親がセミダブルをツインにして使うという使い方です。

3人家族から4人家族へ最適なベッドサイズ

ココからは3人からひとり増えた4人家族の連結ベッド

ベッドのサイズ目安図

◎4人家族またはこれから4人になるご家庭は、もう少し大きいベッドを買えば大丈夫です。

ポイント

メーカーはk280をお勧めですが。正直k240くらいからでも大丈夫です。k260だと全然大丈夫です。

家族3人・4人連結ベッドをイラストで解説!

  • 家族3人におすすめはK230とK240です!特におすすめは240(S+D)です!
  • 家族4人におすすめはK240とK260です!特におすすめは240(SD+SD)です!

お店的にはもっと大きいベッドを買っていただくか2台ベッドを買っていただくのが儲かるのですが、実際の使い勝手や将来的なことを考えると親子3人で寝る場合はK230かK240が最適だと思います。そして家族4人の場合はK240、K260がおすすめとなります。

家族ベッド 構成図3

4人家族にはセミダブルが2つの240(SD+SD)が人気です▲

240のダブル+シングル

NEWジョイントワイドベッド 240cm シングルとダブルの組み合わせ

▲3人家族には、このパターン(シングル+ダブル)が圧倒的人気!

サイズが決まったら、ショップでご確認ください!カラーとマットレスが選べます。カラーはダークブラウン、マットレスは、ポケットコイルが売れ筋です。

連結ベッド240cm販売店

▲家族設計で親子3人~4人で暮らしていくと決めた場合は、K230~k240がおすすめです。ベッド価格は、K230とK240の価格差は2千円ほどしかありません。将来の用途幅が広く、ゆったり寝れるK240がさらにおすすめになります!

●新しく出た240のシングル+ダブルは、将来の使い勝手がよく、人気の組み合わせになっています。

ノイエ230

⇒連結ベッド「NOIE」230☆ショップへ

K230はセミシングルとダベルの連結ベッドです。将来、子供用にセミシングルをご夫婦ではダブルベッドをお使いいただくことができます。

●K240は230よりもワンサイズ大きいのですが、ポイントはそこではありません!セミダブルが2台連結されたベッドであるという点です。将来分割して同じ部屋に置いた場合はホテルのツインルームのような感じになります。夫婦が同じ部屋で別々に余裕をもって寝る場合にはK240がおすすめです。また、家族が4人になった時にも対応できます。

同室で分割して使うケース

k280はかなり大きいベッドサイズになります。このサイズは市販のキングサイズの大きさを超えるとてもビッグなベッドサイズになります。家族4人以上で大きいベッドをお探しならぜひk280をご注文ください♪

◎あとは、マットレス選びで悩んでください。ジョイントワイドの場合、5種類ありますが最上級はラテックス入り日本製のポケットコイルです。これは申し分ありません!眠りにこだわるならこれ以外考えられません!しかし、お値段も最上級です!一般に多く買われるマットレスは真ん中より上のグレードのポケットコイルまたは日本製ポケットコイルのマットレスです

★当店で売れているベッドのランキングを紹介します。参考になれば幸いです。

  1. 240(SD+SD)
  2. 230(SS+D)
  3. 260(SD+D)

人気のジョイントベッド ランキング

▲ランキング1位はk240タイプの日本製ポケットコイルマットレスです。これは3人家族の方も4人家族の方も買われることが要因だと思っています。このランキングは長年変わらず、この順位です。(カラーは除く)。※価格は比較対象値です。

2位は1サイズ小さいk230になります。←コレおすすめできます!

一般には4人家族のご家庭より3人家族のほうが多いはずなのですが、このベッドを買う目的が大きいベッドを求めて買われる方ばかりなので2位以降は上位サイズのベッドに集中しています。

★ちなみにこのランキングは売上です。当然金額の高い方がランクが上になります。でも、台数ランキングにしてもそんなに変動はありません♪

◆この連結ベッドは「JOINT WIDE BED」で販売しています。是非、ご覧くださいませ。

◆一台づつ買うより断然お得で広い!後で分割もできて便利な連結ジョイントベッド!

将来お得な連結ベッド

★店長がこっそり教える安さの秘密♪

◎安さの秘密はネット限定商品だから!販売スペースを構えずに通販のみで販売できている点です。実際店舗も倉庫もないので余計な経費が掛かりません!さらに無駄な中間配送をすべてカット!工場倉庫直送方式を採用しているため工場倉庫からお客様のご自宅に直接お届けしています!配送時間の短縮と価格に反映されています!

◎是非、当店のベッドをお選びくださいませ☆ベッド全品送料0円です!

◎親子3人の場合のおすすめはK230とK240(S+D)です!できればK260もよろしくお願いします!

◆連結ベッド「ジョイントワイド」は手元足元ライトとベッドボードにコンセントを標準装備しています。スマホの充電や目覚まし時計も置けて機能性も抜群です。安心してお選びください!

連結ベッド販売店

<おすすめの親子3人、家族3人連結ベッド販売店>

Bed Shop"みんなのベッド"

-インテリア・家具, ベッド
-, , , ,

Copyright© WEBショップ店長 blog!話題の商品・お役立ち情報! , 2018 All Rights Reserved.