WEB アウトドア 家電 生活雑貨

◎人の記憶は消えていくがドライブレコーダーは記録する

drive recorder】ドライブレコーダー選び!これからの時代はドライブレコーダーが必須!

最適なドライブレコーダー選びを解説!

自分に合ったドライブレコーダー選びを解説!用途に応じた最適のドライブレコーダーを選ぼう!

人の記憶は不確かで消えていくがドライブレコーダーはその瞬間を記録する!

街中を走る車

現在の車には、前方カメラやバックカメラなど運転支援・補助につながる車載カメラが標準となっているモノが多くあります。便利で安全性は向上しましたが、ドライブレコーダーを標準装備している車種は見当たりません。これは、ドライブレコーダー自体が直接安全走行に関係ないからと、プライバシー保護・個人情報保護の観点から導入されていないのだと思います。トラブル時にメーカーにかかる負担が大きいのではないでしょうか。

しかし、ほとんどのユーザーはドライブレコーダーはあった方が良いと考えています。取り付けが不安、機能・操作がよく分からない、お金がかかる、などの理由で後回しにされがちですが、いざという時の記録として存在価値があり効果的です。

ドライブレコーダーを今から設置しようと考えている方は、ドライブレコーダー選びの参考にしてみてください。

ドライブレコーダーの必要性【役立つ記録】

  • 事故の証拠記録として
  • あおり運転の抑止力
  • あおられたときの証拠として
  • 車へのいたずら・当て逃げ・盗難対策に
  • 旅先の景色やドライブの記録に

ドライブレコーダーは事故の記録やパーキング中の様子を録画だけじゃないんですね。旅先の道程や景色の記録、車内の様子も録画保存できます。友だち同士や家族の楽しい思い出の記録にも役立ちそうです。

ドライブレコーダを用途で選ぶ

運転中の記録としてドライブレコーダーを選ぶ3つのポイント

おもに事故の時の証拠となる画像・動画を保存するためにドライブレコーダーの必要性を感じている方は、選ぶポイントとして3つの点を確認しましょう。

  1. フルハイビジョン(ナンバープレートまで確認できるレベル)
  2. 衝撃センサーで自動ロック(事故が起こった時にそれ以降の記録を上書きしない)
  3. 暗視補正、ナイトビジョン、低照度・明暗センサー、高感度カメラ(トンネル内や夜間の走行も記録できる)

●映像解析度(画質)は1920x1080p Full HDレベルがおすすめです。「VGA」では前方のナンバープレートの番号を読み取ることは困難です。

高画質のレベル=「Full HD」>「HD」>「VGA」です。画素数で表示されている場合は200万画素以上。300万画素以上が理想です。

鮮明な画像が撮れること。記録が消されないこと。暗い場所でも記録できること。が注目ポイントです。

駐車中のいたずら・当て逃げの記録にドライブレコーダーを選ぶときのポイント

解説します!

  1. 衝撃センサー・動体検知(イベント録画・保存機能)
  2. カメラ角度・視野角度が広い(120度以上)
  3. カメラが2台以上(フロント・リア)

●1番は2つのパターンがあり、1つめは、ずーっと録画するのではなく、アクションがあった時(衝撃を受けたとき、カメラ内に動くものを感知した時)に録画を開始するパターンです。この何かあった時の録画のことを、一般には「イベント録画」と呼んでいます。このイベント録画は上書きされずに残ります。

もう1つのパターンは、ずーっと録画をループ状態で続けながら、イベントがあった箇所だけ録画を上書きせずに保存するタイプです。

●駐車中の録画をしたい場合のドライブレコーダー選びは、人通りが多いスーパーの駐車場、会社の駐車場、決まった人しか通らない自宅の駐車場、暗い場所の駐車場などを考えて選ぶ必要があります。

●駐車中の録画は、バッテリーを消費します。バッテリー上がりに注意する必要があります。

●自宅の駐車場でいたずらが多い場合はドライブレコーダーよりも敷地内に設置する防犯カメラを優先する方が良いと思います。

駐車中の録画については操作が煩雑になりやすく、説明書を見てもなかなか理解できないのが実情です。これは走行中と駐車中とがごっちゃになるからです。ONとOFFの操作も混乱や間違いやすいので注意が必要です。走行モードのOFF、駐車モードのONなど。

さらに戻ったときに異状があっても、録画していることを伝えてくれない・教えてくれないドライブレコーダーも多く存在します。毎回、車の乗り降りのたびに確認したり、駐車中録画のON・OFF操作をするのはかなり面倒です。駐車中のレコーディングをする場合は少々高くても高性能で運用が楽、親切機能が付いているモノを選ぶことをおすすめします。

【ドライブレコーダーを選ぶ】その他の機能を知ろう

解説します!

ドライブレコーダー なるほど!知っとくおすすめポイント!

夜間でも撮影機能・・・通勤で車を使う方で帰りが夜道になることが多い場合は、夜間でもキレイに録画できるタイプを選びましょう。パッケージや説明書などに書いていない場合は、この機能に関しては劣等生の可能性があります。避けましょう。

ボタンやランプが少ない・・・センサーの作動が確認できない。操作が難しい可能性があります。高機能でないことは確かです。パーキング中の録画をメインとして買う場合は避けた方が無難です。

ミラー型・・・取り付けが楽なタイプです。通販のドライブレコーダーの簡易版としてよくあります。難しい操作を嫌う方、とりあえずドライブレコーダーを付けたい!という方にはおすすめです。初心者向きです。この次の購入で自分に合った本当のドライブレコーダーに出会えると思います。

音声が録音できる・・・会話などが録音できます。旅の記録を残しておきたい場合にはココは要チェックです。事故が起きたときの会話も録音できます。

動画解像度・・・相手を知りたい場合は鮮明に映るタイプが必要!事故のストーリーの記録だけであれば多少画像が悪くても証拠になります。

録画の保存機能・・・SDカードなどの記録媒体に永遠と録画をつづけます。いつか容量がいっぱいになります。このときに最初から順に上書き(古い記録を消されて最新を録画)されていくようになります。高画質のHDよりもVGAの方がスパンが長くなります。たとえば、HDサイズ録画だと約2分半なのが、VGAサイズ録画だと約12分になったりします。

衝撃感知センサー機能・・・録画はずっとされますが、そのままにしておくと事故の瞬間まで上書きされて、保存がなくなる場合があります。コレを回避するのが衝撃感知センサーが起動したときに前後の部分を自動的に保存してロックをかける機能です。この機能がある、または自動ロックという言葉があれば安心です。

バイク・・・二輪車には車体に付けるよりヘルメットに取り付ける方がおすすめです。車体に付けた場合はドライブレコーダー自体が盗難にあう場合があります。

エンジンONでドラーブレコーダもON・・・自動的に記録が開始されるタイプ。操作忘れによる失敗をなくすことができます。あった方が絶対に良いです。

耐熱温度・・・夏の車内は60度を超える暑さになります。精密機械に良い影響は与えません。耐熱温度も重要かもしれません。

事故の記録や大事な瞬間をとらえた画像はすぐに確認しましょう。証拠となる場合はSDカードを取り換えると上書きされる心配がなく安心です。SDカードを購入するときは予備も含めて2枚以上買い揃えることをおすすめします。

衝撃センサー付きの場合は、自動ロックがかかって上書きされることを防ぎますが、衝撃の感度は個体差があるので、大事な記録はSDカードを抜くことをおすすめします。いったんパソコンに保存しましょう。SDカード自体も半永久ではないので定期交換が必要です。

ドライブレコーダー選び まとめ

ドライブレコーダー選びをいろいろ書いてきましたがいかがだったでしょうか?ちょっと難解かなと思った人も多いような感じがします。でも、今はそれで大丈夫です。ドライブレコーダーが欲しい!必要!と思ったときに役に立つと思います☆

あと、ドライブレコーダーを設置していても自動車任意保険は安くならないらしいです。法人契約では一部、割引があるらしいのですが。。。安くしてくれたり、保険入るときに安く販売したり、貸与したらいいのにね。

解説します!

ドライブレコーダー選びの大きなポイントはココです!

  1. 走行の記録をメインとするドライブレコーダー
  2. 駐車中の録画をメインとするドライブレコーダー
  3. 両方を録画できるドライブレコーダー

自分が必要だと思った理由が上記3つの中でどれであるか?を自覚するのが一番最初です。

走行を記録して事故処理での発言を有利に進める。事故に備えたい。と思う方は1番目ですね。駐車中の当て逃げがコワイと思う方は2番です。どうせ買うなら両方ついていた方がいいと思う方は3番です。

結論をいうと、1番が安くて高性能で扱いが簡単、取り付けも簡単なものが多いです。面倒なのが意外と2番です。どこから車に接触するのかわからないので、全方位確認できないと話になりません。さらに手動で操作できないのでセンサー頼りになります。操作が煩雑になり高機能が要求されるドライブレコーダーです。

3番目は、実は2番と同じです。ドライブレコーダーなので1番がメインでつくられています。駐車録画機能がついていて、走行録画機能が付いていないドライブレコーダーは存在しないからです。

駐車録画を優先する場合は少々高くても高性能のモノを選ぶことをおすすめします。

ドライブレコーダーは通販でも買える?

もちろん買えます。機能にこだわらないのであれば、とりあえずドライブレコーダーが欲しい場合は通販で十分対応できると思います。しかし、あまり期待はしない方がいいです。bestの満足度は得られにくいと思います。

ドライブレコーダー通販

とりあえず当店のドライブレコーダー専門店などをネットサーフィンしながら見てみましょう。どんなものがあるのかを見るには最適です。安くて簡単に取り付けれるものが早く欲しいかたは注文してもいいんじゃないかな。

では、どこでドライブレコーダーを買えば納得できるか?

メーカー(ディーラー)さんではありません!

カー用品専門店、家電量販店などで専門のスタッフがいる売り場で買うのが一番いいと思います。売り場の人に自分が求めている機能や用途をお伝えして、おすすめの商品を出してもらって、さらに分からない機能を質問するという方法です。照れくささや面倒だと思うかもしれませんがこれがベストです!!

さらに取り付けもおこなってもらうのが良いです。駐車中の録画はエンジン停止中のバッテリーを使う配線が必要になるので、素人がやるよりプロに任せた方が安全で安心です。工賃は発生しますが、時間の節約と安心度が得られます。

カー用品を専門に扱いピットまであるオートバックスなどの郊外型店舗がおすすめです。

参考になれば幸いです☆

ありがとうございます

-WEB, アウトドア, 家電, 生活雑貨
-, , ,

Copyright© WEBショップ元店長 blog!話題の商品・お役立ち情報! , 2019 All Rights Reserved.